【最新実績】BlockFi仮想通貨レンディングの実績を公開 

BlockFiの運用実績仮想通貨
スポンサーリンク

2022年11月11日サービス停止、同月28日破産申請

恐れていたことがついに現実に…


0.27213139 BTCと0.1069218 ETH
2022年11月1日時点での評価額で、¥849,362相当を失いました。


出金は間に合いませんでした。
おそらく、返金の可能性は薄いでしょうね。


「どうせガチホするならレンディングしよっ!」と思って始めたのですが、目の前の小銭に目が眩んで大金を失う羽目に。笑


海外取引所なのでこうなることは心のどこかで覚悟はしていたのですが、実際に食らうとかなりショックが大きいですね。
ちなみに資金を失うのはこれが初めての経験です。

スポンサーリンク

BlockFiの運用実績公開

2021年3月から2種類の仮想通貨(BTC,ETH)で運用開始。
2022年11月1日時点で、かれこれ1年8ヶ月が経過しました。


これまでに受けとった利息はこちらです。

 累計利息累計利息評価額運用開始時の元金
ビットコイン BTC0.01213139 BTC36,753円0.26 BTC
イーサリアム ETH0.00669218 ETH1,558円0.10 ETH
※評価額は2022年11月1日時点の金額



2022年10月分の配当金は下記となります。
配当日は毎月月末です。

  • ビットコイン:0.0005797 BTC(なんと2022年8月1日から利率が上がっていました!)
  • イーサリアム:0.00031155 ETH

今月も預けているだけでひと月で約1,600円稼いでくれました!

こぜに
こぜに

「数年は売る予定がないので、どうせ眠らせておくよりレンディングに回そっと」という気持ちで始め、毎月1,500円くらいがチャリン🪙です。

BlockFiがGOXしないことをただただ祈るのみです。



受け取った配当金も運用に回し、複利効果でさらに稼いでいます。


黄色:ビットコインの元本(0.26BTC)と利息
緑色:評価額
※集計タイミングの日本円での評価額も記載しています。

BTCレンディング結果


評価額に関しては、先月から引き続き、ヨコヨコの展開ですね。
「早く1,000万円/BTC突破してくれないかな〜」と思いながら、ガチホしていきます。

黄色:イーサリアムの元本(0.1ETH)と利息
緑色:評価額
※集計タイミングの日本円での評価額も記載しています。

ETHレンディング結果


眠っている暗号資産がある人にはぜひおすすめです。
ただ、リスクやデメリットも当然あるので、後述します。



\100$以上の預入れ+30日継続で10$分のビットコインをプレゼント/

口座開設手順の解説で、英語が苦手な方でも迷うことないように画像付きで説明しています。



利率の度重なる改悪があり、他のレンディング先を改めて検討してみたのですが…、下記にも書いたように、結局BlockFiに帰ってきました!笑

BlockFiでのレンディングを辞めます 2021年9月28日追記

年率の改悪が頻発した結果、年利6%で運用開始したレンディングも気づけば実質年利2.3%になっていました。
調べてみるとコインチェックの方が利率が良いので、乗り換えます。

やっぱり、BlockFiでのレンディング(貸仮想通貨)を再開します!2021年10月14日追記

理由は、コインチェックのレンディング申請が全然承認されないからです。

どんだけ利率が高くても、レンディングできないんじゃただの機会損失なので、BlockFiに送金しなおして、再開します。



2022年8月1日から利率が上がりました!

私がレンディング運用を始めて1年4ヶ月の間に度重なる利率の改悪がありましたが、何と!8月1日から利率が上がりました!
ついに流れが変わりました!


早速ですがこちらが新しい利率です。

2022年8月1日からの新利率

上記以外の通貨の利率についてはこちらです。


ビットコイン保有量と実質利率の関係を改悪前後で比較しました。

BlockFiでのビットコインの利率
ビットコイン保有量と実質利率の関係



ビットコインの場合、0~0.10BTCの範囲の利率が3.0⇨3.5%にアップです!
改訂前は0.1BTC〜利率が大幅に下がっていましたが、そこが大幅に改善されました!


利率アップが今後も続いてくれると嬉しいですね。


2022年5月1日〜7月31日の利率
〜2022年4月30日の利率
2021年7月1日〜8月31日の利率

その他の通貨の利率も知りたい方はこちら

4%の高利率を受けることができるのはたったの0.25 BTCだけです。

0.25~5 BTCはガクッと下がって1.5%、5BTC~は0.25%です…

参考までに以前の利率も下記に掲載しておきます。

ボラが高い仮想通貨といえどもこんなに頻繁に利率の変更があると経営状況が心配になりますね。



BlockFiレンディング利率の改悪
2021年5月1日〜7月1日の利率

〜2021年4月30日の利率


BlockFiでのレンディングのメリット

メリットは次の4つです。

  • 高い金利
  • 入金した翌日から利息が発生
  • 配当は好きな通貨で受け取れる
  • いつでも出金可能&月1回までなら手数料0円


メリット①:高い金利

ビットコイン(〜0.1 BTC)は年利3.5%、イーサリアム(〜1.5ETH)なら年利3.5%


定期預金でも高くて0.3%のこの時代に、ただ預けているだけで上記の金利はとんでもないですよね。


年利は預入量によって、段階的に決まっていて分かりづらいので、下表に実質年利とビットコイン保有量の関係をまとめました。

BlockFiでのビットコインの利率
ビットコイン保有量と実質利率の関係


年利はコインチェックが一番高いです。が、レンディング承認待ちがネックです。
2021年11月1日追記 

BlockFiが利率改悪を繰り返した結果、2021年11月1日時点では、コインチェックが一番利率が高いです。

が、コインチェックにはレンディング承認待ち期間があり、年間を通してずっと稼働できるわけではないので実質的な年利はかなり下がります

詳細はこちらにまとめました。



メリット②:入金した翌日から利息が発生

入金した翌日から利息が貯まっていきます。
レンディングの承認待ちなどはありません。

ログインしてすぐに表示されるこちら↓の画面で資産状況を確認することができます。

Blockfi利息
  • INTEREST ACCOUNT BALANCE:預入金の合計金額
  • TOTAL INTEREST PAID:既に支払われた利息
  • ACCRUED INTEREST:来月月初に支払われる予定の利息

※全てUSD表記ですが、換算して情報として表示しているだけで実際はそれぞれの仮想通貨で所持しています。

配当金の振込は毎月末です。

メリット③:配当は好きな通貨で受け取れる

配当はBTC,ETH,BNB,ADA,SOLなど全35種類の通貨から選ぶことができます。


デフォルト設定のままだと貸し出している通貨で配当を受け取れます。


メリット④:いつでも出金可能&月1回までなら手数料0円

いつでも出金可能です。しかも出金手数料は各通貨ごとに毎月1回まで無料です。


レンディング業者によっては、予め決めた期間は引き出せないというのがありがちですが、BlockFiにはそれがありません。

BlockFiでのレンディングのデメリット

BlockFiレンディングにも当然デメリットはあります。

  • 倒産またはハッキング被害にあった際の補償がない


デメリット①:倒産またはハッキング被害にあった際の補償がない

これが唯一のデメリットだと思います。
このデメリットで仮想通貨レンディングに二の足を踏む方が大勢いるのではないかと思います。


私自身もこのデメリットのせいでレンディングを始めるかどうか悩みました。
そんな私が仮想通貨レンディングに踏み切った理由を説明します。

口座開設〜送金の手順

まずは口座開設ページへアクセス。
今なら、100$以上の預入れ+30日継続で10$分のビットコインをプレゼントキャンペーン中!



すると画面⬇️が開きます。

トップページ1/2

口座開設って「変な支払いが来たらどうしよう」とか、ただでさえ不安で、しかも海外業者なので英語ページだから尚更不安ですよね。
なので「Join BlockFi」をクリックする前に、上記画像に書いてあることを説明します。

開設するにあたっての説明事項

◆「Your $10 in bitcoin is waiting for you.」
直訳すると「10ドル分のビットコインがあなたを待っています。」です。
このページ経由で口座開設をして、下記で説明する条件を満たせば、10ドル分のビットコインを貰うことができます。

◆「Get $10 on us
口座開設をして、100$以上入金するとあなたと紹介者(私)の双方とも$10分のビットコインをゲットできます。

もしも紹介者がBlockFiのクレジットカードを持っている場合、それぞれが$40ぶんのビットコインをゲットできます。
私はクレジットカードを持っていません。
すみません…。

◆「Earn crypto interest on your BTC
BlockFiで稼いだり、購入した暗号資産で毎日利息を稼ごう!利息はその月の最終日に支払われます。
振り込まれるのは翌月の1日あたりです。

トップページ2/2

◆「Start building your portfolio
ビットコインは、2013年から2020年にかけて、S&P500、ナスダック100、さらにはビッグテック株をも上回る最高のパフォーマンスを示した資産でした。あなたが暗号資産で富を築き始めるのを手伝いましょう。

◆「Disclaimers Terms & Conditions
こちらは免責事項と利用規約になります。
気になる方はグーグル翻訳で読んでみてください。

何が書いてあるか一通り理解できたら、「Join BlockFi」をクリックして進んでください。

個人情報の入力〜本人確認

開設手続き
開設手続き
Legal First Name
実名の名前です。
田中太郎の場合、「太郎」が該当します。
Legal Last Name
実名の名字です。
田中太郎の場合、「田中」が該当します。
Email
登録するメールアドレスです。
Create a Password
登録するパスワードを入力してください。
パスワードを自動作成するか、手動で入力するか選択できます。
REFERRAL CODE(OPTIONAL)
紹介コードです。
すでに自動入力されているのでそのままでOKです。
「怪しいな」とか「見ず知らずのヤツに紹介料が払われるのはなんかヤダ!」って方は、別に消去してもいいです。
任意なので…泣

☑︎私は18歳以上であり、利用規約プライバシーポリシーを読み、同意したことを証明します。
☑︎要約すると「BlockFiからSMSメッセージを受信することに同意します。」という意味です。

上記2項目をチェックしたら、「Submit(提出する)」をクリック。

すると、登録したアドレスにこんな⬇️メールが送信されます。

要約すると「BlockFiにご登録ありがとうございます。メールアドレスを確認するために、”click here”をクリックするか、下記URLにアクセスしてください。」です。

つまり、登録したのが本人かどうかの確認になります。

「Back to login」をクリックして、メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

住所の登録、資金・投資経験、本人確認

ここから、いくつか個人情報を入力しなければいけません。
5分くらいかかるため、ちょっとめんどくさいですが、頑張りましょう。

すると「What is your account type?」と表示されるので、個人の場合は”Individual”法人の場合は”Business”を選択してください。

ここから、いくつか個人情報を入力しなければいけません。

◆「What’s your address?」住所について回答しましょう。
”Japan”と英語で入力してください。
”J”を打ち込めば、候補が表示されるので選択してください。

◆「〒123-1234 東京都〇〇市△△△△1丁目2−3 マンション名510号室」の場合
マンション名は省略して、”1-2-3″の後に”-510″と記載してOKです。

この情報の目的
「銀行秘密法により、BlockFiは、クライアントの身元を確認するためにこの情報を収集する必要があります。」だそうです。

◆「What’s your date of birth?」生年月日
例:1985年12月30日生まれの場合

◆「What is your source of funds?」あなたの収入源は何ですか?
会社員の方は”Employment”を選択してください。

この情報の目的
マネーロンダリング防止のためです。

◆Roughly how many transactions (e.g. transfers on/off the platform, trades, etc) will you make each month?
毎月およそ何回の取引を行いますか?

売買などの回数です。

この情報の目的
連邦規制により、この情報を収集する必要があるそうです。
答えの内容によって口座開設できないなんてことはないので、気軽に回答してください。
BlockFiクライアントとしてより良いサービスを提供するために使用されます。

◆「Will you be making international wire transfers?」
国際電信送金を行いますか?

この情報の目的
連邦規制により、この情報を収集する必要があるそうです。
答えの内容によって口座開設できないなんてことはないので、気軽に回答してください。
BlockFiクライアントとしてより良いサービスを提供するために使用されます。

◆「Roughly how much crypto will you add to your account each month?」
毎月およそいくらの仮想通貨(暗号資産)を自身の口座に追加しますか?

連邦規制により、この情報を収集する必要があります。あなたの答えはプラットフォームへのアクセス

この情報の目的
連邦規制により、この情報を収集する必要があるそうです。
答えの内容によって口座開設できないなんてことはないので、気軽に回答してください。
BlockFiクライアントとしてより良いサービスを提供するために使用されます。

◆「Verify your identity」本人確認
運転免許証かパスポートが必要になります。
画像をデータ送信して承認されれば完了です。

送金方法

ログインして”Dashboard”と呼ばれるホーム画面に入れたら、次は口座への送金です。

送金の前に
コインチェックビットフライヤーなどの仮想通貨取引所を開設しておく必要があります。

そこの口座のビットコインやイーサリアムをBlockFiに送金します。

ログインして最初に表示されるのが”Dashboard”と呼ばれるこちら⬇️の画面となります。
私のリアルな口座です。(ビットコインとイーサリアムを運用しています。)

ここから、画面上部の”Accounts”をクリックして進んでください。

画面左側からの通貨リストからBlockFiに送金したい通貨を選択(上図では①Bitcoinを選択)して、②Fundをクリックすると送金用アドレスが表示されます。

表示された送金用アドレスにコインチェックビットフライヤーなどの取引所から、送金してください。

要注意

誤ったアドレスに送金してしまうと、資金を失ってしまう可能性が高いので、最初は試験的に送ってみて、問題なく送れたら大金を送ることをおすすめします。
※手数料が高いですが、資金を失うことを考えれば安いものです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました